プロフィール

翻訳チーム

Author:翻訳チーム
外国人及び外国語の総合商社
株式会社 ビーコス
翻訳チームオフィシャルブログ

リンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Date: --.--.-- Category: スポンサー広告   

邦人女性に死刑判決=覚せい剤持ち込みで―マレーシア

時事通信 10月25日(火)10時54分配信
 
【クアラルンプール時事】マレーシアの高裁は25日午前、覚せい剤を同国に持ち込んだとして危険薬物取締法違反(不正取引)の罪で起訴された東京都目黒区の元看護師、竹内真理子被告(37)に対し、死刑判決を言い渡した。
 同被告は2009年10月、アラブ首長国連邦のドバイからクアラルンプール国際空港に到着した際に、手荷物の中に覚せい剤約3.5キロを隠し持っているのを発見された。
 竹内被告側は公判で、イラン人とされる知人からドバイで荷物を預かったが、荷物に覚せい剤が入っていたことは知らなかったと主張。これに対して検察側は、薬物の重さから、竹内被告は荷物の中身を確認できる立場にあったなどとしている。 

*******

3.5キロは重いな。
それだけでスーツケースを預けるのに超過料金がかかることだってあり得る。

騙されて何も知らずに運び屋にされた可能性が高く、気の毒だが仕方がない。
マレーシアもシンガポールも、覚せい剤や麻薬は死刑だ。

以前も映画で、タイで男に騙され、運び屋に仕立て上げられた少女2人が刑務所に入るストーリーのものがあった。あれは恩赦で1人は釈放されるが、そのかわりもう1人が罪をかぶり30年だか35年だかの間ずっと刑務所暮らしになる、というところで終わったような気がする。死刑にならなかったとしても、極刑は必至なのだ。

芸能人が覚せい剤に手を出しては、1~2年経てばまた何事もなかったかのように復帰するのが常の日本が、そもそも甘すぎるのだ。

マレー語翻訳
タイ語翻訳
クメール語翻訳

By お

スポンサーサイト
Date: 2011.10.25 Category: 未分類  Comments (0) Trackbacks (0)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。