プロフィール

翻訳チーム

Author:翻訳チーム
外国人及び外国語の総合商社
株式会社 ビーコス
翻訳チームオフィシャルブログ

リンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Date: --.--.-- Category: スポンサー広告   

「鬼怒鳴門」で注目 帰化する際の日本名はどこまでOK?

NEWS ポストセブン 3月24日(土)7時6分配信

 日本文学研究者で米コロンビア大名誉教授のドナルド・キーンさん(89才)が日本国籍を取得したことが話題を呼んだが、驚かされたのはその日本名。通称で「鬼怒鳴門(キーンドナルド)」という漢字を当てるという。

 この名前、栃木県の鬼怒川と徳島県の鳴門からとったそう。戸籍名は「キーン・ドナルド」とこちらはカタカナにしたが、そもそも、帰化する際の日本名には、どんな字を当ててもいいのだろうか? 法務省の担当者に聞いた。

「帰化許可申請というのを出していただくのですが、そこに日本人として希望する戸籍名を書いていただきます。それが使える文字であれば、認められます。戸籍名を決めるときには“読み方”というのはありませんので」

 では、使える文字というのは?

「戸籍法施行規則により、決められています。漢字は常用漢字と、人名用漢字の中から決めていただくことになります。また、カタカナ、ひらがなも使えます。名前として使える文字は、子供の名前をつけるときと同様です」(前出の担当者)

 ということは、ドナルドさんが「鬼怒鳴門」を戸籍名に希望した場合でも通るようだ。ハーフナー・マイクのようにすべてカタカタにするのも、田中マルクス闘莉王(田中が名字、マルクス闘莉王が名前)のように漢字とカタカナを組み合わせるのもOKだ。

***********************

外国人の日本名は日本人の名前以上に考え抜かれている思う。
漢字の意味を上手い具合にあてはめる。
確か中国語の外来語もよくできているなぁと思ったことがある。
意味をあてた例は「ゴールデンウィーク」が「黄金週間」。
音をあてた例は「ディズニーランド」が「迪士尼樂園」。
中国語ナレーションを聞いても理解ができて嬉しかった。
私達日本人も外国人に負けないよう漢字を大事に使用したい。

By MT
スポンサーサイト
Date: 2012.03.26 Category: 未分類  Comments (0) Trackbacks (0)

この記事へのコメント:


管理人のみ通知 :

トラックバック:


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。