プロフィール

翻訳チーム

Author:翻訳チーム
外国人及び外国語の総合商社
株式会社 ビーコス
翻訳チームオフィシャルブログ

リンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Date: --.--.-- Category: スポンサー広告   

<調査>世界で最もがさつな民族は「フランス」、中国は5位、日本は?―英旅行サイト

配信日時:2012年4月3日 12時36分 レコードチャイナ

2012年4月2日、英旅行検索大手のスカイスキャナーが実施した調査によると、世界で最もがさつな民族はフランス人だと思われていることが分かった。中国人は第5位。日本人は圏外だった。米PRニュースワイヤが伝えた。

この結果を受け、スカイスキャナーの中国市場開発部長、イー・バオ氏は「中国人が第5位に入ったが、これは文化の違いからくる誤解に過ぎないと思う」とし、「例えば、英国人は我慢強く列に並ぶという習慣があるが、中国人にはない。そのため、英国人の目にはがさつに映るのだろう」と指摘した。「がさつな民族」の上位10位は以下の通り。

1、フランス人(得票率19.2%)
2、ロシア人(同16.6%)
3、英国人(同10.4%)
4、ドイツ人(同9.9%)
5、中国人(同4.3%)
6、米国人(同3.3%)
7、スペイン人(同3.1%)
8、イタリア人(同2.3%)
9、ポーランド人(同2.2%)
10、トルコ人(同2.1%)

フランス人は特に外国人観光客に冷たい、との意見が多かった。また、中国人が上位に入った理由として、経済発展に伴い海外旅行に出かける人数が増えたことで存在感が高まったため、との見方も上がった。(翻訳・編集/NN)

*******************

このアンケート調査結果だが、「がさつ」の基準はなんだろう?
記事の最後に「フランス人は外国人観光客に冷たい」とあるが、観光客に対しての態度であれば一概にこのランキング通りではない気がする。
各国の国民性、習慣等が違うのを体験するのも旅行の良い経験のひとつである。

By MT
スポンサーサイト
Date: 2012.04.17 Category: 未分類  Comments (0) Trackbacks (0)

この記事へのコメント:


管理人のみ通知 :

トラックバック:


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。