FC2ブログ
プロフィール

翻訳チーム

Author:翻訳チーム
外国人及び外国語の総合商社
株式会社 ビーコス
翻訳チームオフィシャルブログ

リンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Date: --.--.-- Category: スポンサー広告   

<米エドガー賞>東野圭吾さん「容疑者X」受賞ならず

毎日新聞 4月27日(金)11時22分配信

【ニューヨーク草野和彦】米ミステリー作家クラブ(MWA)は26日夜(日本時間27日午前)、エドガー賞の授賞式を開き、最優秀長編賞に英国の作家モー・ヘイダーさんの「ゴーン」を選んだ。欧米出身でない作家として初の受賞が期待された東野圭吾さんの「容疑者Xの献身」英語版(ミナトー・ブックス)は、惜しくも賞を逃した。

 授賞式はマンハッタン中心部にあるグランド・ハイアット・ホテルで行われた。東野さんは渡米せずに日本で連絡を待ち、英語版の翻訳者アレクサンダー・スミスさんが出席した。米国で最も権威のあるミステリー文学賞に日本人がノミネートされたのは、04年の桐野夏生さんの「アウト」に続き2度目だが、今回も賞を射止めることはできなかった。

     ◇

 「容疑者Xの献身」は天才物理学者、湯川学が謎解きに挑む「探偵ガリレオ」シリーズ3作目の長編ミステリー(文芸春秋)。天才数学者、石神哲哉が愛する女性の犯した殺人を隠すために考えた大胆な仕掛けを、湯川が暴く。鮮やかなトリック、不器用な天才数学者の純愛を描き、06年に直木賞と本格ミステリ大賞を受賞した。日本では、単行本と文庫を合わせ265万部超のロングセラー。

 今回のエドガー賞長編部門の候補5作には、東野作品を含め海外の翻訳ミステリーが2作あった。スウェーデンの作家スティーグ・ラーソンの「ミレニアム」3部作(05年に刊行開始。映画化もされた)の世界的ヒットが、米国内で翻訳小説への注目度を高めたとされる。【内藤麻里子】

*******************

海外で日本の作品が評価され賞をとって欲しいと思っている。
村上春樹氏のノーベル文学賞など。
このエドガー賞も東野氏が有力候補だと思っていたのだが残念である。
日本の素晴らしい作品が多言語翻訳され世界へたくさん羽ばたいてほしい。

By MT
スポンサーサイト
Date: 2012.04.27 Category: 未分類  Comments (0) Trackbacks (1)

この記事へのコメント:


管理人のみ通知 :

トラックバック:


>>まとめteみた.【<米エドガー賞>東野圭吾さん「容疑者X」受賞ならず】 from まとめwoネタ速suru
毎日新聞4月27日(金)11時22分配信【ニューヨーク草野和彦】米ミステリー作家クラブ(MWA)は26日夜(日本時間27日午前)、エドガー賞の授賞式を開き、最優秀長編賞に英国の作家モさんの「容疑者Xの献身」英語版(ミナトー・ブックス)は、惜しくも賞を逃した。授賞式はマ?... >READ

2012.04.27

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。