FC2ブログ
プロフィール

翻訳チーム

Author:翻訳チーム
外国人及び外国語の総合商社
株式会社 ビーコス
翻訳チームオフィシャルブログ

リンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Date: --.--.-- Category: スポンサー広告   

「お母さんにやさしい国ランキング」発表、1位はノルウェー、最下位はニジェール(2012.5.8)

セーブザチルドレンジャパンHPより

~日本は30位、ランクアップには「産休の充実」と「男女格差縮小」が必要~

セーブ・ザ・チルドレンは5月8日、「母の日レポート2012 (State of the World’s Mothers 2012)」を発刊し、保健、栄養、教育、政策決定への参加など、世界165か国の母親を取り巻く状況を総合的に考察し、順位付けした「母親指標 (Mother’s Index)」を発表しました。この母親指標は、女性指標(Women’s Index) と子ども指標(Children’s Index) のデータをもとに順位が出されています。今年で13回目となる母の日レポートですが、1位はノルウェー、最下位はニジェール、日本は30位でした。例年同様、母親指標の上位には先進国が、下位にサハラ以南アフリカを中心とする開発途上国がランクインする傾向にあります。上位10か国は一般的に母親と子どもの健康状態や教育レベル、経済レベルが共に優れていますが、一方でサハラ以南アフリカの8か国を含む下位10か国はその対極にあると報告されています。下位にランクインする国では平均的に約30人に1人が出産に関連する理由で亡くなり、7人に1人の子どもが5歳未満で亡くなっています。また、3人に1人以上の割合で栄養不良に苦しんでおり、人口の半数以上が安全な水へのアクセスがありません。

img.jpg

昨年から2つ順位が下がった日本ですが、1位のノルウェーとは女性指標において大きく差がついており、特に働く母親へのサポート体制の違いが要因となっています。ノルウェーでは産休が最大46週間まで取得できるのに対し、日本はわずか14週間しか取得できないほか、産休取得中の給与支給額においてはノルウェーが最大100%なのに対し、日本は67%です。また、国会議員における女性の割合においても、ノルウェーは約4割なのに対し、日本はノルウェーの約3分の1にも達していません。その一方で、子ども指標では日本は、5歳未満の子どもの死亡率の低さ、義務教育への就学率の高さにより3位にランクインしています。日本の母親指標を向上させるには、トップ3を占める北欧諸国と同レベルの産休制度の充実や政治参加における男女格差の縮小が鍵となります。

最下位のニジェールは、開発途上国の中でも出産時に医療従事者の立会いが行われることが少なく、妊産婦の死亡率が極めて高くなっています。また、5歳未満の乳幼児の栄養不良率、死亡率ともに高く、母子保健の整備が喫緊の課題であることがうかがえます。

【最上位国ノルウェーと最下位国ニジェールの比較】
・妊産婦の死亡率:ノルウェーは7,600人に1人、ニジェールでは16人に1人
・5歳未満の乳幼児死亡率:1,000人あたりノルウェーでは3人、ニジェールでは143人
・出産の専門的介助率:ノルウェーではほぼ全ての出産に専門的介助が伴う、ニジェールでは3人に1人
・女性の正規教育期間:ノルウェーは18年間、ニジェールは4年
・平均寿命:ノルウェーは83歳以上、ニジェールは53歳

今年の母の日レポートでは、5歳未満の乳幼児の死亡原因と大きく関係している「栄養不良」問題を主要テーマとして取り上げ、その対策として、安価かつ有効な取り組みである「Lifesaving Six (生命を助ける6つの方策)」を提唱しています。これは①鉄・葉酸の摂取、②ビタミンAの摂取、③亜鉛の摂取、④生後6か月間の完全母乳、⑤6-23ヶ月期の補完栄養食の摂取、⑥石鹸による手洗いや安全な水の使用であり、この包括的パッケージは1人当たりわずか20ドルで実施することが可能です。また、これらの保健サービスをはじめ、母乳育児の推進や抗生物質の投与などを行うコミュニティ・ヘルスワーカーの存在も非常に重要です。しかし、現在世界では100万人以上のコミュニティ・ヘルスワーカーが不足しており、途上国の子どもと母親を守る取り組みが急がれます。
「母の日レポート2012 (State of the World’s Mothers 2012)」の詳細は以下をご参照ください。
英文全文:「State of the World’s Mothers 2012」
要旨和訳:「母の日レポート2012要旨」

(報告:コミュニケーションズ部 北村)

*******************

先週日曜日の母の日、みなさんはどうお過ごしになりましたか?
お母さんにやさしい国ランキングというのがありました。
やはり上位はノルウェー、スウェーデン、フィンランドデンマークオランダ等北欧近郊がランクインしていました。
日本は北欧諸国の女性に対する社会制度を日本語に翻訳して広め、そのような制度が成立する政治が行われると良いですね。
一方、下位にランクインする国々は深刻な状況です。
医療についての知識をヘルスワーカーが指導できる体制作りが望まれます。
お母さん、こどもにもやさしい国が増えるよう小さなことからでも協力してみましょう。

By MT
スポンサーサイト
Date: 2012.05.16 Category: 未分類  Comments (0) Trackbacks (0)

この記事へのコメント:


管理人のみ通知 :

トラックバック:


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。