プロフィール

翻訳チーム

Author:翻訳チーム
外国人及び外国語の総合商社
株式会社 ビーコス
翻訳チームオフィシャルブログ

リンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Date: --.--.-- Category: スポンサー広告   

ニュースと翻訳

やや旧聞になりますが、観光博サイトの翻訳がめちゃくちゃで閉鎖されたと
いうニュースがありました。

秋田が「飽きた」になったり、ナマハゲが「はげ頭病」など。観光庁のキモ入
りで作成された東北観光博のサイトだったかと思います(現在は閉鎖)。
英語、中国語、韓国語版で自動翻訳機能ソフトを使ったというのが原因だっ
たようですが、そんなに大きなプロジェクトでもそんなことをやってしまうのか
と驚きです。
誤訳の例として、歌人の石川啄木の法要「啄木忌」は「Woodpecker
 mourning」(キツツキ喪)、秋田県の生保内(おぼない)関所跡は
「Barrier trace in life insurance」(生命保険における関所跡)、
秋田は「tired」(飽きた)-など。仙台市の「旧伊達邸」はローマ字表記で
「きゅういたつてい」に。秋田県男鹿市の伝統行事「ナマハゲ」に至っては
中国語で「はげ頭病」の意味になり、秋田県だけで30カ所以上あったそう
です。観光庁はホームページ上に「機械翻訳によるもので100%正確なもの
ではない」と注釈をつけたといいますが、機械翻訳を前提に作業していた
というのもびっくりです。

翻訳という作業は緻密で時間がかかるもの。機械翻訳の性能もかなり進歩を
遂げているとは思いますが、やはり大事な翻訳はまだまだ人間に任せた方が
良いのではないでしょうか。

ビーコスでは日々多種多様な外国語、外国人関連の各種業務を承ってい
ます。翻訳、通訳、外国人人材募集などにかかわらず、外国語、外国人に
関連する事案で、こんなことができないか、といった小さな疑問でもお気軽
にお問い合わせください。
スポンサーサイト
Date: 2012.10.22 Category: 未分類  Comments (0) Trackbacks (0)

この記事へのコメント:


管理人のみ通知 :

トラックバック:


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。